クラウドマイニングのメリット・デメリット

マイニングには、クラウドマイニング、プールマイニング、ソロマイニングの3種類があります。それぞれにメリットやデメリットがありますが、ここではクラウドマイニングについて紹介します。

●クラウドマイニングとは クラウドマイニングとは、マイニングを行っている業者に代わりにマイニングを行ってもらう方法のことです。業者はマイニング専用の高額なコンピューターを持っています。投資によって発生した利益の一部は、マイニングを行ってもらった業者の手に渡ります。 投資をしたら後は業者に任せる方法です。

●専門知識不要 マイニングを行うためには専門的な知識が必要です。何も勉強せずに始めても失敗してしまう可能性が大きいです。 マイニングに関する本が出版されていたり、やり方をインターネットで調べたりすることができます。しかし、学ぶためには時間が必要です。外で仕事をしている方は勉強のための時間を取ることが難しいと思います。 しかし、クラウドマイニングなら専門的な知識は必要ありません。マイニングを行うのは業者なので、自分は業者を選べばよいだけです。ある程度知識があった方がよいに越したことはありませんが、専門知識不要なら初心者でも手を出しやすいことでしょう。

●機材が要らない マイニングを行うためには専用の機材が必要です。それらをそろえるために高額な費用がかかってしまい、マイニングを始めるための高額な準備資金が必要になります。それだけでなく、機材が故障したときの修理費用や新たに買い替える費用もかかります。さらに、機材を置くスペースも必要です。 しかし、クラウドマイニングなら業者がマシンを持っているため自分で用意する必要がなく、故障したときもこちらが何かをする必要がありません。初期費用を抑えられるメリットがあります。

●電気代がかからない マシンを使うためには電気を使います。長時間マシンを使用していれば、月々の電気代はかさみます。 自分でマシンを使う必要がないクラウドマイニングなら、マイニングにかかる電気代の請求が自宅に届くことはありません。

●デメリット メリットばかりのように感じるクラウドマイニングですが、デメリットもあります。 マイニングを行っている業者が十分な利益を出すことができなければ、倒産する可能性があります。倒産をしたら投資したお金は返ってきません。そのため、業者選びには慎重になることが大切です。 リスクを知ったうえでクラウドマイニングを利用するとよいでしょう。